023-07

| Topic path: Top / 023-07

[[第23回研究会>023]]

*新聞記事を利用した景気指標S-APIRの開発と応用 [#a1743921]

**著者 [#r8f0a06d]
関和広(甲南大学), 生田祐介(大阪産業大学), 松林洋一(神戸大学)

**概要 [#ka7e3b8a]
本研究では,リカレントニューラルネットワークを用いてニュース記事から足元の景況感指数を予測する枠組みを提案する.また,得られたモデルによって,特定の概念(語)が景況感指数にどのように貢献しているか時系列で分析できることを示す.

**キーワード [#f6dce0ba]
景況感指数, ニューラルネットワーク, 自然言語処理, ナウキャスト

**論文 [#e66545e2]

(10月9日以降に公表いたします)
//&ref(SIG-FIN-023-07.pdf);
//&ref(07_SIG-FIN-23.pdf);
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS