026-06

2021-03-03 (水) 08:24:33 (64d) | Topic path: Top / 026-06

第26回研究会

状態空間モデルを用いたバランス型投資信託のリバランス推定

著者

今井崇公(野村アセットマネジメント)

概要

ベンチマークのないバランス型運用において,競合比は重要なパフォーマンス尺度であり,他のプレイヤーのポジションを把握することは相対的な運用リスク管理の観点から有用である.しかし多くのヘッジファンド複製に関する先行研究で示されるように,運用の自由度の高いポートフォリオのポジションを高精度に推定することは容易ではない.そこで本研究ではヘッジファンドより投資制約の強いバランス型投資信託をケーススタディとして,高精度なウェイト推定を実現する手法を提案し,人工データ実験によりその有効性を示す.具体的には,一般的なショート・レバレッジ制約付きの投資信託のウェイト変動が時価変動要因とリバランス要因から構成されることを,状態空間モデルを用いて明示的に組み込むことにより,ウェイトひいてはリバランスまで高精度に推定できることを明らかにする.

キーワード

ファンド複製, マルチアセット, 単体制約, カルマンフィルタ, 粒子フィルタ

論文

file06_SIG-FIN-26.pdf

添付ファイル: file06_SIG-FIN-26.pdf 348件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS