024-17

2020-01-31 (金) 16:36:07 (18d) | Topic path: Top / 024-17

第24回研究会

接触履歴を用いた地方景況感と業種間構造の分析

著者

坂地泰紀, 蔵本涼太, 和泉潔, 松島裕康, 島田尚(東京大学), 砂川恵太(沖縄銀行)

概要

自然言語処理の発展に伴い,膨大なテキストデータから有益な情報を抽出することが可能となりつつある.テキストデータを活用した分析には,その更新頻度の高さやリアルタイム性から金融経済情勢を迅速かつ的確に把握できるという強みがある.そのため,既存指標を補完する速報性の高い指標生成はテキストマイニングとの親和性が高い.本論文では,日次で蓄積されるテキストから景況指標を生成する手法を提案した.そして,実際に沖縄県を対象に景況指標を生成し,既存指標を高い精度で再現していることを確認した.加えて,得られた景況指標から業種間における景況感の連動性を分析した.

キーワード

テキストマイニング, 景況インデックス, 業種間構造分析

論文

(3月11日以降に公表いたします)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS