024-14

2020-01-31 (金) 17:08:38 (18d) | Topic path: Top / 024-14

第24回研究会

ニュース記事に基づく景気指標S-APIRの開発

著者

関和広(甲南大学), 生田祐介(大阪産業大学), 松林洋一(神戸大学)

概要

本研究では,ニューラルネットワークを用いてニュース記事から足元の景況感指数を予測する枠組みを提案する.具体的には,景気ウォッチャー調査から初期的な回帰モデルを学習し,これを経済関連文でファインチューニングすることで,よりニュース記事に適切なモデルを獲得する.また,得られたモデルによって,特定の概念(語)が景況感指数にどのように貢献しているか時系列で分析する.

キーワード

景況感指数, ニューラルネットワーク, 自然言語処理, ナウキャスト

論文

(3月11日以降に公表いたします)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS