022-23

2019-02-05 (火) 12:22:50 (17d) | Topic path: Top / 022-23

第22回研究会

人工市場を用いた金融市場流動性に影響を与える要因の調査

著者

益田裕司(神奈川工科大学), 水田孝信(スパークス・アセット・マネジメント), 八木勲(神奈川工科大学)

概要

近年,市場の「流動性」に関心が集まっている.流動性は金融市場の盛況を表す尺度とされる.流動性が高ければ,市場参加者は市場価格に近く意図した価格で円滑に売買することができるため,流動性は「取引のしやすさ」ととらえることもできる.実証研究では,それぞれの研究目的に沿うよう流動性指標を定義し,その有用性を議論してきた.しかし,どのような市場要因がこれらの指標に影響を与えるのかは明確にされていない.そこで本研究では,人工市場を用いて,どの市場要因が主要な流動性指標(Volume,Tightness,Resiliency,Depth)に影響を与えるかを調査する.ただし,Resiliencyは,市場データから正確に求めることは困難なため,従来は近似的計算にて代用されてきた.本研究では人工市場から直接計測することを試みる.

キーワード

人工市場, エージェントベースドシミュレーション, 流動性, 金融市場

論文

(2月28日以降に公表いたします)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS