SIG-FIN-018-14

2017-03-21 (火) 11:22:36 (35d) | Topic path: Top / SIG-FIN-018-14

第18回研究会

深層学習と高頻度データを用いた株式注文状況の推定

著者

田代大悟(東京大学大学院 工学系研究科),和泉潔(東京大学大学院 工学系研究科)

概要

近年、金融市場の電子化と高速化に伴い膨大化した取引情報は、高頻度データ(ティックデータ)という形で記録され、効率的な活用が期待されている。一方、アルゴリズム取引やHFTなどの高頻度取引では、瞬時に適切な注文を出すアルゴリズムが求められる。そのような機械的売買の戦略向上を目指し、本研究では、深層学習を用いてティックデータを読むことで、株式注文状況の予測を目指す。

キーワード

板情報,ティックデータ,深層学習

論文

fileSIG-FIN-018-14.pdf

添付ファイル: fileSIG-FIN-018-14.pdf 39件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS