SIG-FIN-017-05

2016-10-05 (水) 08:23:46 (409d) | Topic path: Top / SIG-FIN-017-05

第17回研究会

債券市場の需給過程に着目した裁定機会検知

著者

東出卓朗(三井住友銀行(出向先:三井住友アセットマネジメント)), 中川慧(三井住友アセットマネジメント)

概要

債券市場は、様々な経済要因で説明可能なファンダメンタルズと、それ以外の要因である需給によって価格形成されている。需給は一時的に発生するものであることから、需給過程はいずれ平均回帰すると考えられる。そこで本稿では、この需給過程を主成分回帰を用いて特定化し、需給の平均回帰性に基づく債券投資戦略の提案を行う。

キーワード

主成分回帰,需給過程,平均回帰性

論文

fileSIG-FIN-017-05.pdf

添付ファイル: fileSIG-FIN-017-05.pdf 990件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS