SIG-FIN-018-06

| Topic path: Top / SIG-FIN-018-06

[[第18回研究会]]

*経済テキストデータを用いた極性概念辞書構築とその応用 [#bf39a608]

**著者 [#l97a6e4c]
伊藤友貴(東京大学大学院 工学系研究科),坪内孝太(ヤフー株式会社),山下達雄(ヤフー株式会社),和泉潔(東京大学大学院 工学系研究科)

**概要 [#q72f094d]
現状,単語単位での極性辞書自動構築に関する既存研究はあるものの,似たような意味の単語がひとまとまりになった形での極性辞書,極性概念辞書の構築に関する研究はほとんどされていない.本研究では,極性概念辞書の構築手法を提案すると共にその有用性を検証した.まず,ヤフーファイナンス掲示板のテキスト情報,専門家によって与えられた約100単語の極性値,及び構造化されたニューラルネットワークモデルを用いて意味的にクラス分けされた極性概念辞書を作成した.その後,極性概念辞書を用いて経済動向の分析を試みた.

**キーワード [#g23d2626]
極性辞書,word2vec,Neural Network model


**論文 [#m2fcf411]

(3月6日以降に公表いたします)
//&ref(SIG-FIN-018-06.pdf);
//(3月6日以降に公表いたします)
&ref(SIG-FIN-018-06.pdf);
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS