019-20

2017-10-11 (水) 09:13:59 (12d) | Topic path: Top / 019-20

第19回研究会

深層学習と高頻度注文情報による株価動向推定

著者

田代大悟(東京大学), 和泉潔(東京大学)

概要

近年、金融市場の電子化と高速化に伴い膨大化した取引情報・指値注文情報の効率的な活用が期待されている。一方、アルゴリズム取引等の機械的売買では、瞬時に適切な注文を出すアルゴリズムが求められる。そのような応用を目指し本研究では、高頻度注文情報に対して、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を利用することで株価動向の推定を行った。

キーワード

Deep Learning, CNN, high-frequency data

論文

fileSIG-FIN-019-20.pdf

添付ファイル: fileSIG-FIN-019-20.pdf 100件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS